二人で分け合う幸せ

  • トップページ
  • 二人で分け合う幸せ

「お好み焼きをどう切るか」という話題で、関西と関東の違いが注目されたことがあります。
基本的に一人一枚のお好み焼きを食べる関西では食べやすさを重視して格子状に小さく切っていくのに対し、関東では一緒に食べる人とそれぞれのお好み焼きを分け合って色んな味を楽しむために、はじめから放射状に切り分けるのが普通だというのです。

とは言え、関西の人が誰かと食べ物を分けるのを嫌がっている訳ではありません。
日常的に家でもお好み焼きを作って食べる関西では、たとえ外食であってもお好み焼きはそれぞれ好みのカレーライスやラーメンを一人前ずつ注文している感覚に近く、反対に普段お好み焼きをあまり食べない関東ではピザやケーキをシェアするような感覚で分けることを前提にした切り方をするのではないかと推測されます。

関西と関東、食文化や環境の違いはあれど、誰かと一緒に美味しい物を楽しく食べたいと思う人の気持ちに違いはないものです。
それが大好きな恋人とのデートでの食事なら、美味しさはより引き立ち、楽しさは強く記憶に残るでしょう。
食べ物を分け合うという行為は相手との信頼関係や愛情を表現する行為だと言っても過言ではありません。
それを踏まえ、恋人とのデートでの食事は、シェアしやすい料理やスイーツを選ぶことで二人の仲をより深められるのではないでしょうか。

今流行りの分厚くてふわふわのパンケーキは、二人で分け合うのにちょうどいいボリュームです。
パンケーキはシンプルな素材で焼き上げるだけに、バターやシロップをはじめホイップクリームやフルーツなど様々なトッピングが選べることが多いので、注文に迷ってしまう人もいるかもしれません。
そんな時はぜひ恋人と相談してシェアしてみませんか。
一人で外食するとなると「もし頼んだものが自分好みではなかったらどうしよう」と心配してしまうこともあるかもしれませんが、二人で別々のメニューを注文するならさほど気にかける必要はないでしょう。
メディアに取り上げられて話題を集めている専門店「幸せのパンケーキ」では、スイーツ系パンケーキの他にも食事系の全粒粉パンケーキも提供されているため、甘い物が苦手な人や、しっかりランチを食べたい人にもぴったりです。

熱々のパンケーキをシェアするように、辛いことや悲しいことは分かち合って半分に、そして楽しいことや美味しい物は二人で二倍楽しめるような恋人とであれば、これからの将来も良い関係を続けられるでしょう。